Just Be You

タフな毎日を送る学校教員のためのブログ

雑記

#0203 忘れられない誤変換

担任していた学年が中2の時だったか。夏休み明けか何かの、割と節目だったと思う。課題の指示プリントで、やらかした。教師2人でチェックしたプリントなのに、見落とした。 気づいた時には印刷済みだったのでお詫びして訂正させていただくことにした。 「…

#0201 絵が描けるようになりたい人へ~その2

“Drawing on the Right Side of the Brain”(日本語版は『脳の右側で描け』)という本の序盤のエクササイズで、世界が変わった。 単純なイラストをマネして描くことすらできなかった私がピカソ作のストラヴィンスキー像を模写できたからだ。 本当に見たまま…

#0187 自分も相手も大切にすることを教えるには

アレクサンダー・テクニークのトレーニングで解剖学を勉強してヒトは繊細な作りと機能を備えて生まれてきて微妙なバランスのもとに生きて動いているということを知った。 あなたも私もこんなシステムを共有していると知ったら見下したり差別したり攻撃したり…

#0166 ルービンシュタインのように生きられたら

私が一番好きなピアニストはアルトゥール・ルービンシュタイン。ソロはもちろん、室内楽、伴奏、どれをとっても音楽の魅力、ピアノの魅力にあふれている。 彼は”My Young Years” “My Many Years” という2冊の自伝を出版していて私が日本語で読んだのはたぶん…

#0158 WWOOF

前回登場したMana Retreat CentreではWWOOFer随時募集中。ボランティアで働いて農業経験を積める。食事と宿泊は無料。 私が合宿に参加したときスタッフさんに日本人女性がいらしてManaのあとも、ニュージーランドの他の施設を回って向こう一年はWWOOFをする…

#0157 どっちが安全?

ニュージーランドで、一週間の合宿に参加したことがある。アレクサンダー・テクニークを目の使い方に応用するというテーマで10ヶ国を超える国々から40名ほどが集まっていた。 合宿が行われたMana Retreat Centreは空港から車で3時間程度のコロマンデル半…

#0156 幸せって、何?

「幸せな精神状態とはスキルとチャレンジが拮抗するときに現れる」ミハイ・チクセントミハイ 目の前のことに時間を忘れて集中したこと、それが幸せ。という話を聞いた。 それってつまり「こうしたら幸せと感じるに違いない」と予測して何かするのでなくまず…

#0153 決めておかない

変化する状況に対応するのにありとあらゆるケースを予測して網羅して作った一連のルールって費用対効果、どのくらいなんだろう。 根底にある価値観さえゆるがなければ細かいところについては「決めておかない」というのも役に立つ気がする。自分にとって。組…

#0152 地図は現地ではない:一般意味論

日本にアレクサンダー・テクニークを紹介した片桐ユズル先生の一般意味論の授業を合宿で受けたことがある。 「地図は現地ではない。」つまり言葉はそれが表しているそのものとは違う。という、最も基本的な考え方を教えてもらった。 このあいだ友人がつぶや…

#0151 勉強だってskill building

「できないところをさらけ出すのにものすごく勇気が必要だった」という話を書いていて そのまま自分のアレクサンダーのトレーニングに当てはまると思った。 授業で「教えるところを見てもらう」という段階を経て経験を積んだのち、実技試験に臨むというプロ…

#0147 選択の自由とは、いつでも去れると知っていることである

世界的アレクサンダー・テクニーク教師でありパフォーマンスコーチとして演劇大学でも教鞭をとられているキャシー・マデン先生。 彼女のように教えられたら…!と誰もが羨望するスーパーティーチャーである。 パフォーマーがアレクサンダーを実践で使えるよう…

#0146 クリエイティビティを分析した人

実現不可能なことを視覚的に想像するのが苦手な私は「何もないところから何かを生み出すのは自分にはムリ」と、ずっと思っていた。 そう思いつつクリエイティブであることに対して強い憧れがあった(ものづくりに魅かれる理由は、きっとそれだ)。 そしてど…

#0142 YouTube quest

動画に字幕をつけるという作業を初めてやってみた。そういうの全然わからないのでチャンネルを開設するところから詳しい友人に教えてもらいつつ。 自分でやってみてわからなくなって人に聞いてまたやってみて間違えて消して元気をなくして眠って回復してまた…

#0138 何これ、素敵!を言葉にしてもらった気がした

木のろくろ引きで動物の形を作る様子を実演してもらえるセミナーがあった。 私は元々ものが作られるところを見るのが大好きでガラス張りの厨房、工場の映像から自動もみじまんじゅう焼き機に至るまで釘づけになる。そんな面白そうなセミナー、行くに決まって…

#0136 To Do リストにひと工夫

競争相手が10人だと聞かされた時より100人だと聞かされた時のほうがテスト問題を解くスピードが遅くなる。(心の声:そんなにたくさんの相手に勝つなんてムリかも…) ゴルフのパッティングでホールの周りに小さな円を描くと錯視の効果でホールが大きく見えて…

#0135 校正の技法

修学旅行のしおりを作るのに印刷屋さんとやりとりをしたことがあった。 後で教わったのだけれど校正する時には「逆から一文字一文字読む」そうだ。 元原稿と同じか違うかそれだけがわかればいいから。意味を理解できなくすることで推測による見落としを防げ…

#0132 夏の日記

提出されたものは担任が見るけど宿題だからしょうがなく書くんじゃなくてこの夏私はこうだった!と後から振り返って面白いように工夫してね。 いずれにせよ、書くんだから自分のために書いてね。 やっつけでやるのか建設的に取り組むのか自分で選べるからね。…

#0131 ホール全体に音を届けたい!

アレクサンダー・テクニーク教師でありパフォーマンスコーチの権威でもあるキャシー・マデン先生が来日中。 音楽家の方とのレッスンから「ホール全体に音を届けたいとき本番前にしておけること」を学んだのでもうひとつのブログに書いた。 書き終わって、こ…

#0130 癒しのBob Ross

番組中に風景画を完成させる絵描き、Bob Ross。小さい頃に見ていた記憶がある。 当時は絵に感動しつつも「ね、簡単でしょ?とか言って全然簡単じゃない!!」「色の種類ってそんなにあったんだ…」といった感想しかなく「カドミウムイエローおじさん」ぐらい…

#0128 一歩じゃない

ああしてこうすればできるってわかっているんだけどなかなか行動に移せなくてもどかしさを感じるとき。 「一歩が踏み出せなくて…」と言ったりする。 そのとき「一歩」って呼んでいるものは本当に「一歩」? やろうとしていることを今いるところから実行可能…

#0127 微笑みのトリガー

前回紹介した10/5ウェイ(ten-five wayと読むらしい)。 「相手が3mまで来たら目を見て微笑む」を実行するにはかなりの決断力が必要と感じていて やりやすくなるように何かトリガーを仕掛けておきたい。「これを見たら、こうする」というプランを立てておける…

#0126 Newあいさつ運動

前回紹介したショーン・エイカーの本の中でこれは知ってたらやってみたかった!と思ったのがルイジアナ州で病院関係者が行った取り組みで 病気や不健康と結びついている場所で人々を健康な気分にさせるためにリッツ・カールトンホテルのルールを導入した。 1…

#0125 ポジティブとかネガティブとか、もういい。

コップに水が「半分しかない…」と思う人と「半分もある!」と思う人がいる。 悲観主義者と楽観主義者の話をするのによく使われる例でコップの水をどう解釈するかに違いがある。 でももし解釈が2つにひとつではなくて別の選択肢があったら? 例えば「コップ…

#0122 七夕の願いごと

七夕といえば、短冊。勤めていた学校で七夕の季節が来ると笹が設置され自由に書ける短冊とペンが置かれちょっとしたイベントになっていた。 結構楽しみに見ていたのを思い出す。今年はどんな願い事が書かれているんだろう。 試験期間、そして夏休み前という…

#0120 「気の持ち用」の科学

ホテルの客室係で「普段、運動はしていません」という人たちに「あなたが仕事でしている○○の動作は実はジムでやる△△の運動に似ているのですよ」と教えた実験がある。 「へえ、仕事をしているだけで運動になるんだ!」と知った人たちは実際に運動をしたかのよ…

#0118 変化に気づく

塩麹と醤油麹を毎日かき混ぜていて思うこと。 固さや香りや味が毎日変化していく。 フタを開けたときにすごく醤油の香りがする日があったり米粒がつぶれやすくなってきたり尖った塩味に「しょっぱ!」と思っていたら急にまろやかになったり。 少しずつ、毎日…

#0116 自分の感情を受け止める

前回の続きで映画”Inside Out”のひとコマからもう一つ思ったことがある。 どんなに励ましても動こうともしなかったBing BongがSadnessに話を聞いてもらい悲しみの涙を流したら気が済んで歩き出した。 前に進みたい時に足を止めて泣くのは回り道のように思え…

#0113 主体性を育む

スウェーデンの統計局が行っている意識調査では「卒業後3年以内に大学に行きたいか?」という質問に高校生の4割が「いいえ」と答えるそうだ。 高校から大学に行くつもりはあるけれど少し間をあけてから大学に進学することはStudiepaus(勉強+休憩が合わさっ…

#0112 ミュシャ展~絵を体験する

大作『スラヴ叙事詩』が話題の展覧会に行った。 お花と女性が美しくデザインされた作品のイメージが強い、というよりむしろそれしかなかったので公式サイトで事前に見た時はずいぶん違う雰囲気なのだな、とは思っていた。 会場に入ってすぐのところに、その…

#0103 ノートに落書き、賛成!

ノートに落書きって学びを助けているのかもしれない(内容と関係があれば)。掲示したいくらい上手な生徒、いたなぁ。 単語を書き取って覚えたグループと絵を描いて覚えたグループとでは後者の方が二倍の数の単語を覚えていた、という研究が紹介されている。…