読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just Be You

タフな毎日を送る学校教員のためのブログ

#0041 例文に宿る命

Are you a basketball player?
中学一年で学習する、be動詞を使った質問の文。

これを言うときなんてあるのか?と思ってしまう文の一つだけれど
あった。現実に使う機会が。

確か、結構込んだ電車の中での出来事。
お兄さんの大きな荷物を上手く置けるよう
手伝ったか場所を譲ったか何かした。
丁寧にお礼を言ってくださった。

背の高いお兄さんは、背格好と服装、スポーツの合宿のような装備から
私にはどうしても、プロバスケットボール選手に見えた。
つい尋ねずにいられなかった。

Are you a basketball player?

「いえいえ、そんなことはありません」というような答えだったと思う。

にこやかに会話を終えてから
中1の例文をそのまま使った瞬間だったと気づいた。

-----

I don't know what to say.
中学二年で学習する、不定詞。
これまた、現実に使う機会があった。

ディナーの約束をしていた方に、急な連絡が入った。
アメリカのご家族の、心配な知らせ。

「今はまだ情報がそろわなくて、嘆くこともできないの。
だから予定通り楽しい時間を過ごしましょう」とおっしゃるので

それなら、とお菓子探しを手伝い
イタリアンレストランで食事をし
キャリア相談にまで乗っていただいて
お別れする時

I really don't know what to say.
と口をついて出た。

Nothing.という言葉とハグが返ってきた。
「いいのよ」と聞こえた。


暗記した文として頭に格納されていたことばに
血が流れ、心が通い、相手に届く。

そういう瞬間が、ある。

広告を非表示にする